2018/3/24(土)裏山YOGA&WALK特別編
「YOGA&忍者」

※定員8名! 東京都檜原村の廃校YOGAと古民家忍者体験ツアー!

裏山ベースのYOGAイベント第五弾!

こんにちは、裏山ベースのジンケンです。
シリーズ「裏山YOGA & WALK」は参加者の皆様にご好評をいただいて、今回で五回目となりました。
森の中を歩き、美味しいものを食べ、森の中の気持ちいいシチュエーションの中でYOGAしよう、という企画。
今回はその特別編!
あきる野市・檜原村、そして小田原でも風魔一党指南役として活躍する野人流忍術の甚川氏をお招きして、裏山YOGA&忍者体験ツアーとして開催します!
今回の舞台は、東京都檜原村の奥。
隠れ里のような山間部の小さな集落に残された廃校の校舎・校庭と、さらに山の上にひっそりと佇む築150年の古民家が舞台です。
 
YOGAは米島先生、忍者体験は甚川先生、そしてコーディネートと現地ガイドは私ジンケンがつとめます。
ヨガも忍術も、見た目や形にとらわれずに追求すれば、そのルーツ・背景には自然と人間との関係性を問う深い精神性があります。
武術の動きも取り入れた流派(Odaka Yoga®︎)を組み込んだ米島先生のレッスンと、現代社会で役立つ現実的な忍術を追及し、技だけではなく根底に流れる「和の心」を養うプログラムを行ってきた甚川先生による忍術体験がどのように響き合うのか、私自身も今から楽しみです。

YOGAのインストラクターは米島彩夏先生です

【講師プロフィール】
米島 彩夏(よねしま あやか)
日本体育大学卒業後、日本最大手ホットヨガスタジオでインストラクターとして活動し、人材育成にも携わる。特に新人担当のトレーナーとして多くのインストラクターを輩出。
ヨガインストラクターとして活動する中でOdaka Yoga®︎に出逢い一瞬で魅了され、創始者のロベルト・ミレッティに師事。現在OdakaYoga®︎advanceteacherとして活動中。

忍者体験の講師は甚川浩志先生です


【講師プロフィール】
甚川 浩志(じんかわ ひろし)
野人流忍術(野忍)主宰。
風魔一党指南役。
野人流忍術(野忍)は、自然豊かな野外環境を活用した忍術修行です。
流派を超えて、現代社会で役立つ現実的な忍術を追及し、技だけではなく、根底に流れる「和の心」に触れ 養います。
「忍」の文字は、うつろう心を刃で律すると同時に、人を傷つける刃を心で律すると書く。つまり、忍術は、単に闘いの為の術ではなく、無益な争いを止め、より良く生きて行くための術であると考えます。
野忍のプログラムは、自然に還り、本質的な感性を呼び覚ますことで、既存概念にこだわるのではなく、よりニュートラルな視点で世の中を見ることができるようになることをめざしています。」
https://www.yajin-ninja.jp/
 

JR武蔵五日市駅前の東京裏山ベース集合


駅からすぐのアウトドアと地域観光の拠点「東京裏山ベース」に9:00集合。
ヨガマットはご持参ください(上に横になれる大きさのバスタオルなどでの代用もOK、お持ちでない場合にはご相談ください)。

午前は檜原村の小学校跡でヨガ!


檜原村でももっとも奥にあった小学校(分校)跡。
明治7年創立、昭和61年に廃校になりました。 
今回、こちらの校庭をお借りして、YOGAをさせていた だけることになりました。 
校舎の中もご案内します。 
山に囲まれたこじんまりした学校ですが、ここも、東京都 です。 
東京都の奥深さ、すごいです。 
朝のYOGAの後は、こちらの校庭で、特製のお弁当をいただき ます(参加費に含まれています)。

初心者から経験者まで、山の上のアウトドアヨガ体験。


ヨガ初心者でもインストラクターの米島先生がやさしく教えてくださるので大丈夫。
(ガイドのジンケンもヨガ初心者です、身体は硬いけど頑張って、気持ち良く楽しめます)
慣れたポーズでも山に囲まれた校庭で、空を見上げて身体を動かしていくと、不思議な感動が・・・自然を五感で感じながらのヨガは最高です。
※天候によっては屋内(古い雰囲気のある木造校舎跡の建物内)でのYOGAとなります。

午後はプチ忍者修行へ


午後は甚川先生によるプチ忍者修行へ。
まずは忍びとは何か、その歴史的背景や心構えなどをレクチャーしていただいてから、山の坂道へと歩き出します。

忍び体験、まずは歩き方から。


忍者といえば派手なアクション、を想像しますか?
今回の忍者体験は、脚色・戯画化されて派手な忍者のイメージを一旦捨てて、「忍びとは何か?」の心構え、そして立ち居振る舞いとったところから学べます。
ここ檜原村はかつて甲斐の武田と小田原を中心とした北条氏がにらみ合っていたエリア。
歴史の裏舞台では実際に忍びの者たちも活躍したと考えられている地域と言われています。
彼らはどのような心構えで活動し、またどのようにこの厳しい自然環境や地形と向き合ったのか・・・甚川先生の解説を聞きながら歩き、実際に身体を動かしてみましょう。
(山道ですが簡易舗装されているのでスニーカーで大丈夫です)

忍者の身体技法を通じてその心を学ぶ。


山の中腹にある築150年の古民家まで歩いたら、その前庭で剣術修行。
ここでも、その本質は動きそのものではなくそこに秘められた意味。
剣を抜くことの意味。
戦うことの意味。
そこから忍びの真髄を学びます。

YOGAと忍びの対話。


ツアーのラストには、米島先生と甚川先生のお二人と共に、YOGAと忍びに共通するものは何か、参加者の皆さんと一緒に考えます。
それは、自然と人間、大地と身体、行為と精神といったものがどのように相互に作用しあい、繋がっているのかを考えることになるのかもしれません。
東京都最奥の檜原村の山の上で体験する本物のYOGAと忍びの体験。
楽しさの中にも発見がある、そんなツアーになりますように。

集合場所(JR武蔵五日市駅前交差点 東京裏山ベース)

車でお越しの方へ

東京裏山ベースの五日市街道側の向かいすぐに三井のリパーク(1日最大500円、14台、裏山ベースのカフェで1000円以上お会計で1時間無料)があります。JR武蔵五日市駅に向かって右側すぐにも120台収容のコインパーキング(Times)があり、1日最大600円で駐車可能です。

 

 

電車でお越しの方へ

JR武蔵五日市駅の改札(ひとつです)を出て階段をロータリーに下りて正面、横断歩道を渡ったところが集合場所「東京裏山ベース」です。


外観や入り口の様子


【参加お申し込み】

2018/3/24(土)裏山YOGA&WALK特別編「YOGA&忍者」

参加費:9500円/人
(昼食のお弁当込み、現地までの無料送迎・保険代込み。)
 
※↓購入数量=参加人数と読み替えて入力し「参加申し込みする」をクリックしてください。


 

※ヨガマット(大きめのバスタオルなどでもOK)はご持参ください。
定員:8名
 
タイムスケジュール:(所要時間約6時間半)
朝9:00 東京裏山ベース集合→無料送迎車で移動→10:00 檜原村の奥で校庭YOGA→昼食(特製お弁当)→13:00 忍者レクチャー →14:00 古民家にて忍者修行体験 →16:00 無料送迎車で戻ります→17:00ころ駅(東京裏山ベース)に戻ります。
 

 

※持ち物・・・ヨガマット、30分程度の坂道のウォーキングができるシューズ(スニーカー)、水分(ペットボトル・水筒など)、着替え、楽しむ気持ち。