2018/09/29(土)
THE REAL BBQ
東京都檜原村でリバーサイドMEATING!

プロによる「本物のBBQ」を最高のシチュエーションで!

 
みなさんこんにちは、東京裏山ベースのジンケンです。
 
裏山ベースのイベントにしては珍しく、「食べる」ことをメインにしたイベントのお誘いです。
 
東京都の村・檜原村(ひのはらむら)に新しくオープンした会員制のリバーサイドウッドデッキにて、プロによる「本物のBBQ」を味わってみませんか。
 
 
きっかけは、半年ほど前。
とある集まりで出会った、テンガロンハットの男性が発した衝撃の一言でした。
 
「ふだんみなさんが川原やキャンプ場などでやっている"バーベキュー"って、スライスされた肉や野菜を焼きながら食べるスタイルだと思うんですが・・・実はこうした食べ方は日本独自のもので、海外で文化として定着してきた本来のBBQとは別物なんですよ」
 
 
・・・へえー・・・
 
 
 
え? 
 
 
 
・・・・・えええええええーーーーー!!!??
 
 
 
 
 
 
その彼によると、僕らがやってるアレは、本物のBBQ愛好家からは「屋外焼肉」と呼ばれているそうな。
 
・・・いや、もちろん屋外焼肉も楽しいし美味しいし大好きですが・・・!
そんなことを知ってしまったら、じゃあ、本物のBBQって?って気になりますよね!?
 
じゃあ、みんなでそれを体験しよう!
そして、この東京の西の方で、BBQがどんな(新しい)可能性を秘めているか、食べながらしゃべりながら考えよう!
 
・・・というのが今回のイベント「THE REAL BBQ」です。
 
 

BBQがスペシャルなら、会場もスペシャル。

 
今回の会場は、東京都檜原村に今年オープンしたばかりの会員制キャンプ場" Hinoko Tokyo"さんのリバーサイド・デッキサイトを貸切。
初めての方でも、この日は夕方までこのサイトやすぐそばの秋川の川原、林間ハンモックなどでのんびりお過ごしいただけます!
 
※チェア・テーブルも会場にある程度のご用意はありますが基本的には立食スタイルとなります。
  • 確実にゆっくり座って召し上がりたい方は、折りたたみ式のアウトドアチェアなどお持ちいただければ会場に持ち込みが可能です。
  • 会場まで、バス停・駐車場・トイレ等から徒歩で急な土の階段を降りますので、歩きやすいスニーカーやアウトドア向けのシューズでのご来場をお勧めいたします。(申し訳ございませんが車椅子は会場に降りるのが難しいです)

今回のBBQ、焼くのはこの人!

 
上の「衝撃の一言」をさりげなく発した「テンガロンハットの男性」こそ、今回のBBQイベントで私たちに「本物のBBQ」を体験させてくれる、日本バーベキュー協会上級インストラクターの金子明弘さん。
→Facebookでは こちらをチェック
 
その金子さんより、今回ご参加を検討中の皆様にメッセージが届いています!
 
今回のBBQは、大きな塊の豚肉、極厚にカットしたビーフステーキ等、迫力満点にワイルドに焼きます!
大きな塊のまま焼くことで、お肉はジューシーにしっとりと焼き上がり肉汁がジュワーとしみだします。
肉がメインになりがちなBBQですが 、野菜も決して脇役とはなりません。
地元の旬の野菜を使用した野菜のグリルもお楽しみに!
さらに今回は、檜原村特産のジャガイモを使ったBBQ料理も考案中です!
どんなアレンジになるかは当日までのお楽しみ。
美味しい料理を味わって頂くだけでなく、皆さんがBBQパーティーを存分に楽しんで頂けるように演出させて頂きます。
どうぞ宜しくお願いします!
 
今回のメニューは:
 
季節のサラダ
青梅産チーズのホエーを使った牧場チキン
リングイッサ
まるごと野菜のグリル ローストポーク
゙極厚゙ビーフステーキ
檜原産ジャガイモのXXX(当日をお楽しみに!)
フルーツBBQ
・・・他。
 
※ソフトドリンク各種はフリーでご用意いたします。
※生ビール、日本酒、ワインなどアルコール類はキャッシュオンで、リーズナブルな価格でお出し致します。
 
どでかい肉の塊がグリルの上で美しく焼かれ、切り分けられていく様子まで、見て楽しく、話を聞いて面白く、そして食べて美味しい。
 
絶対に写真を撮りたくなるので、好きな方はカメラのご用意を!
お楽しみに。

こ、これが本物の・・・


※写真はイメージです(が、実際に同じ場所で行われた金子さんによるBBQ写真)
 
実はその衝撃の出会いの後・・・
私(ジンケン)はとあるイベントで彼のBBQを味わう機会がありました。
 
その感想は一言でいうと
 
「・・・まじヤベぇ」
 
 
まず・・・言葉を失うほど美味い・・・
そして数秒後、「うまーーーー!!!!!」と周囲から口々に声が上がるほど美味い・・・
そして一品ごとに肉の写真を何十枚も撮ってしまうほど美しい。
 
 
 
まじか、と。
 
これか、と。
 
これが本当のBBQなのかと。
 
こんなにやわらかくて香り豊かでうまいのかと。
 
肉が、肉を超えた味がするぞ、と。
 
美味しいだけじゃなくて、なんだこれは、えらく楽しいぞと。
 
そして、気づいたら、まわりのみんなとめっちゃしゃべってる。
 

分厚い肉を見るとテンション上がっちゃいますよね



なんなんでしょうね。
僕だけですか?
普段はそんなに肉ばっかり食べてるわけでもないんですけど。
目の前で分厚い肉の塊が切り分けられて行くのをみてると、
嫌が応にもテンション上がって「うおー!」とか声をあげちゃいます。
これって、シンプルに、細かい日頃のストレスとか心配事から、一時的に完全に解放される瞬間です。
 
肉が分厚い。
それだけで、心はウキウキ軽くなり、
ストレスはどこかに消え、
目はキラキラと輝き、
なんかよくわかんないけど明日も頑張ろうっていう気になります(笑)。

会場はリバーサイドの特別なウッドデッキサイト。


しかも今回の会場にもなっている Hinoko Tokyoのリバーサイドのウッドデッキサイトがまた素晴らしい!
目の前は清流・秋川。
爽やかに風が吹き抜ける川沿いのデッキは、利用者だけのプライベート空間を演出し、デザインされた焚き火台や薪置きまですべてがさりげなく洗練されていて、ここにいるだけでなんだか気持ちいいのです。
  

このBBQイベント当日、会場にはゆらゆら試乗自由のハンモックもご用意。
ENOのハンモック、座り心地・寝心地も最高です。
BBQスタート(13時)より前の11時から会場入りが可能なので、たとえばこちらのハンモックでまったりお昼寝するとか、アウトドアチェアを持ってきて読書するとか、すぐ下の川原で川遊びするとか、なかなか個人的には借りられない檜原村の最上級クラスのリバーサイドキャンプサイトで思い思いに時間を過ごしていただけます。

みんなで外で楽しく美味しいものを食べる、に
正解なんてない

 
・・・私(ジンケン)自身、「外で肉を美味しく食べる」の大好きで、その方法に正解とか決まりごとはないと思っていますが、確かに「BBQやろう」ってなった時、なんとなく薄切り肉を焼きながら焼肉のたれにつけて食べる、みたいなカタチにとらわれていたような気がします(大好きだけど)。
 
このイベントを通じて、「BBQ」は(いや、もう外で大勢で何か食べるってことは)もっと自由で、クリエイティブで、そして食べながら集まった人たちでいろんな話をして、その場で新しく何か楽しいことや美味しいことを思いついたり、同じ趣味の人を見つけたり、普段は見ない風景を見たりしながら、いろんな繋がりや刺激や新しい展開が生まれるような、そんな「何か」が参加されるみんなに少しずつ起ればいいな、と思います。
 
 
食べよう、しゃべろう、友達増やそう。
肉ing、MEATING。

上級BBQインストラクター 金子明弘氏

 

 
プロフィール 

 ・BBQ演出家
 ・日本バーベキュー協会認定 上級インストラクター / 中級検定MC資格
 ・KCBS認定ジャッジ資格
 ・2016年に日本で初めて行われたKCBSルールに基づいたBBQ MOCコンテストに於いてチキン部門のチャンピオンとなる。
  ・Weber社認定 Weber Specialist
  ・3女の父
 

現在の取り組み

 日本で行われているBBQは、屋外で行う焼肉が主流です。私たちは「屋外焼肉」と呼んでいますが、その「屋外焼肉」から「スマートBBQ」への転換をめざして活動しています。
 スマートBBQのテーマは、「自分にやさしく、人にやさしく、環境にやさしく」。
 日本以外の国においてBBQは、単に肉を焼いて食べるという食事の行為のことではなく、様々な人と交流する場、コミュニケーションの場と考えられています。しかも、アウトドアのジャンルでは無く、屋外で行うパーティとしての位置づけです。
 そのようなBBQについて知ってもらい広めていければと考えて、BBQイベントの開催・BBQ講座等を実施しています。

檜原村の名産、じゃがいもも!


そしてこの日は、檜原村のじゃがいも=ひのじゃがを使ったメニューも!
BBQで、じゃがいも。
茹でて何かつけて食べるだけでも美味しい檜原村のじゃがいもですが、
この日はBBQのスペシャリスト・金子さんが、このひのじゃがを使ったBBQらしい食べ方を提案してくれます!
 
気温差が大きく水はけが良い檜原村の斜面畑で丁寧に作られた、じゃがいも。
とっても美味しいのですが流通量が少なく村外では入手が難しい 檜原村のじゃがいもを、この日はたっぷり堪能してください!

じゃがいも生産者:松岡賢二 氏
=マツケン(檜原村農園シェアリング「ひのふぁーむ」)

 

 
プロフィール 

 ・檜原農園シェアリングひのふぁーむ主宰
 ・檜原村地域おこし協力隊
 ・檜原村エコツアーガイド
 
 
 
 

 
メッセージ

 森林に囲まれ渓谷が流れる東京の里山、檜原村。かつて檜原が林業で栄えた頃、村人達は山を切り開き、畑を作り、自分達で日々の食べ物を作っていました。林業が衰え、人口の減ると共に畑も見放されつつありましたが、そんな畑を借りて、地域の活性化を目指し、檜原村の特産品のジャガイモを化学肥料や農薬を使わずに、檜原の自然が育んだ綺麗な空気と水、大地の力で育てました。昔から村人達が親しんだ「檜原の味」をぜひお楽しみ下さい。
 
※檜原村のジャガイモは非常に美味しいのですが流通量が少なく、村外ではあまり買うことができません。イベント当日、私が作ったジャガイモの即売もいたしますので、よろしければぜひお土産にお買い求めください(配送も可能です)。

開始前・終了後は村の滝見物や温泉などご自由にどうぞ

本イベントは13:00〜16:30頃を予定。
スタート前もしくは終了後に近くの日本の滝100選(東京都唯一)「払沢の滝」を見に行ってもよし、近くを散策してもよし、帰りに温泉(秋川渓谷瀬音の湯)に立ち寄ってもよし。
バスでご来場の方は、武蔵五日市駅に戻る時刻表をみながら楽しくお過ごしいただけます。

生ビールもご用意

目の前は清流秋川

【参加お申し込み】

2018/09/29(土)
THE REAL BBQ
東京都檜原村でリバーサイドMEATING!  

 
※最少催行人数15名 / 定員最大30名です。
お友達お誘い合わせてどうぞ)
※18歳未満は保護者の同伴が必要です。
※前々日18時の時点で当日の現地天気予報によって開催不適と判断した場合は中止となる場合があります。
 
※お申し込み後のキャンセルについて:お客様都合でのキャンセルの場合、1か月前〜2週間前までは30%、2週間前〜3日前までは半額、2日前〜当日は全額のキャンセル料がかかります。
 
※↓購入数量=参加人数と読み替えて入力し「参加申し込みする」をクリックしてください。


参加費: 7,200円/人(大人・中学生以上)
※BBQ、フリーソフトドリンク、
キャンプ場施設利用料 が含まれます。
※アルコール類は生ビール等、別途キャッシュオンでご用意。
※現地12:30 受付開始、13:00スタート。
※参加費は現地払いです【現金のみ】
※駐車場ご利用の場合は別途1台1000円かかります
(事前にご予約ください)
 

参加費: 2,000円/人(小学生)
※BBQ、フリーソフトドリンク、キャンプ場施設利用料 が含まれます。
※現地12:30 受付開始、13:00スタート。
※参加費は現地払いです【現金のみ】

タイムスケジュール:


12:30 BBQ受付開始(CAFE御根家前にて)
13:00 BBQスタート(Hinoko Tokyo リバーエッジサイトにて)
16:00 BBQ終了予定(終了後もサイト内・川原などでしばらくゆっくりお過ごしいただけます)
16:30 イベント終了
(16:47発「武蔵五日市駅」行バスに乗車されるとスムーズにお帰りいただけます)
 


お持ちいただくもの:

服装:ドレスコード無し。
※シューズは、会場までやや急な未舗装の階段を歩いて降りることが必要なため、スニーカーorアウトドア向きのシューズなどをお勧めいたします。
屋外でのBBQパーティのため、虫除けスプレーなどがあると良いかもしれません。
あと、楽しむ気持ち。

集合場所(東京都西多摩郡檜原村下元郷44 Cafe御根家)

 
▶︎自家用車でお越しをご検討の方へ
→駐車場の台数に限りがありますので、できる限りバス等公共交通機関をご利用下さい。

 
※どうしてもお車でのご来場を希望される方は事前にご連絡ください
カーナビ入力:東京都西多摩郡檜原村下元郷44
JR武蔵五日市駅から檜原街道を西へ約7kmほど行ったところの右側に濃い緑色のキャンピングトレイラーが見えたら、その敷地内の民家カフェ「御根家」さんに向かって左奥のスペースにとめてください(駐車料金が1000円かかります)。

 

▶︎電車・バスでお越しの方へ

JR武蔵五日市駅の改札(ひとつです)を出て左のロータリーから西東京バスに乗車(藤倉行きもしくは数馬行き)、「鬼切(おにきり)バス停」で下車してください。
 

新宿から来る場合の参考ダイヤ

JRで新宿からだと10:37の快速青梅行に乗車→拝島で五日市線に乗り換え→11:49にJR武蔵五日市駅着→駅前ロータリーから12:00数馬行きバス乗車→12:18鬼切バス停着(集合場所は目の前です)
※ちなみに、帰りはこちらを参考にしてください。(16時半頃解散)