2018/10/19(金)【檜原村エコツアー】
電動アシスト自転車で檜原村 滝巡り 天空の「天狗滝」と「綾滝」に行こう!
焚き火で絶品アウトドアランチと絶景ハンモックのお昼寝付き

東京都なのに秩父多摩甲斐国立公園内。
いま「檜原村」が熱い!

東京都の村・檜原村(ひのはらむら)。
東京なのにその大部分が秩父多摩甲斐国立公園内にあり、自然と歴史の物語にあふれた人口およそ2200人の「村」です。
村内にあちこちに見応えのある滝がたくさんある檜原村ですが、今回はその中でも払沢の滝に並ぶ檜原村の名爆、山の中腹に浮かぶように見える「天狗滝」とその奥の「綾滝」に行きます!
近くまでバスや車ではアプローチしづらく(遠くからもはっきり見える割には)間近で鑑賞しにくい滝ですが、この春スタートした電動アシスト自転車のレンタサイクルなら、坂道でも楽々登っていけるので、まさに滝巡りにうってつけ。
電動アシスト自転車で車道をギリギリまで行き、そこから山道をハイキングで滝の真下まで行きます。
天狗滝とその奥の綾滝まで、自然豊かな山道をトレッキング。
合計2時間程度、山歩きのできる靴と服装でお越しください。

スタート地点から、山の中腹に今日の目的地が!


天狗滝は、秋川本流から遠く離れた山の中腹の岩肌を流れ落ちる滝です。
スタート地点(払沢の滝入り口付近)からもはっきり見えます!
まさに、天空の滝。
 

坂道らくらくの電動アシスト自転車で行く!


坂道の多い檜原村でも体力に関係なくサイクリングが楽しめる、電動アシスト付きのレンタサイクル「ひのはらいどレンタサイクル」を利用して、滝の近くまで登っていけます
レンタル料も参加費に含まれているのでとってもお得です。
急な坂道でも、くるくると軽くペダルを回すだけでグイグイ自転車が登っていく電動アシスト自転車体験、本当に思わず笑ってしまうほど面白いですよ。
舗装路を終点まで登ったら、あとは少し歩けば「小天狗滝」を経て「天狗滝」へ!
さらに歩いて、この日は森の中に静かに落ちる「綾滝」まで行きます。
 

静かに岩肌を滑り落ちる、天狗滝と綾滝。



檜原村で滝巡りするならまず押さえたい、天狗滝。
そこから森の中を進んでたどりつく、優しい綾滝。
静かな山道を往復1時間半程度のトレッキングです。

途中、杉の巨木のある神社にも。



帰り道、すぐそばの神社で杉の巨木に触れてみましょう。
数々の民話や伝説の残る檜原村。
歴史と自然が一体となって、暮らしの中に息づいているのを感じることができます。
 

ランチは焚き火でダッチオーブン!


午前の天狗滝サイクリング&トレッキングから戻ったら、檜原村でも珍しい広葉樹主体の雑木林が残る「ふるさとの森」でランチです。
メニューは、「ダッチオーブンで作るローストチキン」!
焚き火台を使ってその場で作ります。
森の中で焚き火を囲んで、ご馳走が出来上がるのを待ちましょう。
次第に美味しい香りが湯気とともにダッチオーブンから漏れてきます・・・ふたを開ける瞬間は、まさに!インスタ映え!笑
味わい深いローストチキンが蒸し焼きにされた野菜の甘みとともに口の中に広がります。

午後は木漏れ日ハンモック!


午後はふるさとの森の丘の上、絶景&木漏れ日スポットでハンモックでお昼寝。
自分でハンモックを吊るす木を選んで設置します。
設置は簡単、ガイドがレクチャーいたします。
自分で決めたお昼寝スポットで、 ゆらゆら、まったり。。
一度寝転ぶと、もう、降りたくなくなっちゃいますよ。 

午後はのんびり絶景&木漏れ日ハンモック。


午後はのんびりハンモック。
絶景のハンモックスポットに到着したら、自分で丁度良い立木を2本選んで、ハンモックをかけます。

ENOのハンモックは座り心地・寝心地も最高で、ストラップも操作しやすく張るのは簡単(レクチャーします)。

で、こうなります。あとはのんびり。


ハンモックの上で思い思い自由にまったり過ごしていただけますので、
・おやつ
・本
・防寒具
・双眼鏡
・カメラ・・・・などなど
ハンモックタイムを好きに過ごせる小道具をぜひご自由にお持ちください。

終了後は滝見物などご自由にどうぞ


15:30頃には、本プログラム自体は終了・解散予定です。
終了後はそのまま帰るもよし、ですが、オススメはすぐ近くの日本の滝100選(東京都唯一)「払沢の滝」へのウォーキング。4段60mの滝のうち、最下段の落差はおよそ30m、近くまで寄れて迫力のある滝を楽しめます。
武蔵五日市駅に戻るバスの時間をみながらご自由にお過ごしください。
 
15:58もしくは16:47発の武蔵五日市駅行バスあり)

ガイドよりひとこと

坂道を力を使わずにぐいぐい登って行く電動アシスト自転車それ自体も楽しい上に、坂を登りきったところから少し歩けば、あの「天狗滝」まで楽々アプローチ。昼は美味しいアウトドアランチを森の中で。さらに午後はゆったりまったり、ハンモックの上で過ごす・・・この季節の檜原村で考えられる最高のアクティビティと森の癒しを組み合わせたとっておきのツアーになっています。午後のハンモックタイムはとになくゆったり過ごすので、お気に入りの本を持って行ったり、お昼寝したり、「その時間」の過ごし方も考えていくと良いと思います。森の中でハンモックに横になってボーッとしているだけでも最高に気持ち良いですよ。(jinken)
※ガイドのプロフィールは こちら
 
 
Special thanks to  ENOハンモック

集合:檜原村エコツアーインフォメーションセンター
(=払沢の滝入り口「レストラン四季の里」横)9:30

住所:檜原村5493 最寄りバス停:「払沢の滝入口」
広域地図:こちら
周辺地図:こちら

自家用車・自転車等でお越しの方へ

払沢の滝 村営駐車場(無料)に車を停めて、レストラン四季の里の入り口横、「檜原村エコツアーインフォメーションセンター」に9:30までにお越し下さい。

 

電車でお越しの方へ

(平日)
JR立川駅から8:25発の武蔵五日市行きにご乗車ください。
→立川から乗り換えなしで終点の武蔵五日市駅に8:53に到着します。
→駅前のロータリーから西東京バス「9:00発 数馬行」にご乗車ください。
→9:22に「払沢(ほっさわ)の滝入口バス停で下車。
→お豆腐屋さんの脇の坂道を徒歩2分で左側にレストラン四季の里があり、その入口にエコツアーインフォメーションセンターがあります。
(ご不明な点があればNPO法人フジの森:042-598-6928もしくは090-8808-6589まで)

 

【参加お申し込み】


(主催者:NPO法人フジの森) info@fujinomori.net にメールでお願いします。

※メールのタイトルに「10/19 天狗滝サイクリングとハンモック 参加申込」と記載の上、ご参加希望の方全員のお名前、住所、連絡先電話番号、生年月日(保険用)、緊急連絡先と交通手段(自家用車orバスなど)を記載の上お申し込み下さい。

主催:NPO法人フジの森
案内人(ガイド):ジンケン(東京裏山ベース)
参加費:8,000円/人(保険代・電動アシスト自転車レンタル・ランチつき)

※前日18時の時点で当日の現地天気予報の降水確率が40%以上の場合や、ガイドの判断で路面状況や天候が不適と判断した場合は中止となります。

タイムスケジュール:


9:30 払沢の滝入り口のレストラン「四季の里」横のエコツーリズムインフォメーションセンターで集合・受付
9:40〜電動アシスト自転車の乗車説明など
9:45〜滝巡りに出発!(天狗滝近くの林道終点までサイクリング、トレッキングで天狗滝、綾滝まで山道を歩いて戻ります)
12:45〜13:45 ふるさとの森で焚き火でつくる絶品ダッチオーブンローストチキンのランチ
13:45〜15:00 ふるさとの森の丘の上で絶景木漏れ日ハンモックタイム(お昼寝)
15:20〜15:30 アンケート記入、解散
(15:58もしくは16:47発「武蔵五日市駅」行バスに乗車でお帰りいただけます)

※終了後はそのまま帰るもよし、もしくは、近くの名勝「払沢の滝」を見に行ったり、名物の檜原とうふ「ちとせや」さんのドーナツや豆乳、お豆腐などを買ったり、五日市駅に戻るバスの時間をみながらご自由にお過ごしいただけます。


お持ちいただくもの:


服装:動きやすい服装、スニーカーorトレッキングシューズなど、ハンモックの上で過ごす時間を楽しむための小道具=本、カメラなど