2018/10/20(土)
「裏山ごはんシェアリング!」
【第一回 日の出山編】

みんなで山に登って、山ごはん作って、分け合って食べよう!

日時:2018/10/20
主催:東京裏山ベース
協力:Trail Butter Japan
集合:9時に東京裏山ベース(武蔵五日市駅前)
解散:16時半に東京裏山ベースもしくはつるつる温泉(路線バスで武蔵五日市駅に戻れます)
→打ち上げ:希望者は東京裏山ベースにて打ち上げ・参加者同士の交流会に参加できます(生ビールにも使えるワンドリンクチケットが参加費に含まれています) ※19時までです。
 

 
 


スタッフ:ジンケン(東京裏山ベース)、TomoHataさん(トレイルランナー・地元在住)
ゲスト:山崎さん (Trail Butter Jpan) 、泉谷さん(Trail Butter公認シェフ、今年UTMB完走)
 
「裏山ごはんシェアリング」 山の上で簡単な道具と材料で作って食べる「山ごはん」、みんなの得意メニューを持ち寄って、山に登って分け合って食べよう!
記念すべき第一回は、都内を見渡す開放的な眺望が素晴らしい日の出山(902m)編です。
 
混ぜるだけ・温めるだけの超簡単なものから、ちょっと手の込んだオリジナル料理まで、メニューは自由。作りたいもの・食べたいものを山の上で作ってシェア!
山欲と食欲を満たせるグループ山行イベントです。
 
今回の山ごはんスポット=日の出山山頂は眺望もよく開放的で気持ちいいですよ!
 
・参加費:3500円(傷害保険・裏山ベースのワンドリンクチケット付)
※希望者は温泉入浴料と路線バス交通費が別途必要です

日の出山(902m)へ!

 
今回の目的地=山ごはんスポットは、都心部を見渡す東向きの眺望が素晴らしい、日の出山(902m)です。
武蔵五日市駅から金比羅尾根を登っていきますが、駅から金比羅山までは東京裏山ベースのジンケンが地元ならではのちょっとした裏道でトレイルに入るルートをご案内。
尾根に入ったら、ところどころにある分岐の解説をしながら、全員でのんびり歩きます。
出発から約4時間のゆっくりペースで日の出山へ!
山頂はひらけていてベンチもあり、さりげなく山ごはんを楽しむには最高の雰囲気です。
さあ、ここが本日の舞台です。
 

自分なりの「山ごはん」、作るメニューは自由です



▶︎山ごはんシェアリングの方法
・メニューは自由!
・山ごはんが完成したら、半分は自分(たち)で、残り半分は他の参加者とシェアできる形態にしましょう(取り分けられるように)
・自分の食器は自分で用意しましょう
・遠慮なく「それ、ちょっとください」と言いましょう
・作った人は作り方や工夫した点もシェアしましょう
・もらった人は感想を伝えましょう
・作った・食べたお気に入りの山ごはんは、「 #山ごはんシェアリング 」をつけてInstagramやFacebookに投稿しよう!(美味しそうな写真もシェア!)
 

ゲストはトレイルバターのあの人

ゲストとして「トレイルバターおじさん」(?)こと泉谷さんが、トレイルバターを使った山ごはんレシピを披露してくれますよ!
みなさん、遠慮なく「それ、ちょっとください!」を連発しよう!(そういうイベントなので!)
トレイルバターはそのまま食べるだけじゃなくて、パンに塗ったり料理に加えたり、いろんな使い方で美味しく摂れるんですね〜!
 
 
【プロフィール】
泉谷(イズタニ) @eazy_cozy
•東京都江東区在住の会社員
•トレイルバター公認シェフ
•2012年9月に白馬国際トレランに連行され走り始める。
•ピーク体重89kgだったのが一時期63kgまで絞られる。今は70kg位。
•主な戦歴(完走) 2018UTMB100マイル、2018UTMF100マイル、2018野辺山ウルトラマラソン100k、2017上州武尊スカイビュー山田昇杯120k、2017信越五岳マイル短縮102k、2017OSJおんたけ100k
 
そして今回はTrail Butter Japanさんにもご協力いただけることになりました!
Trail Butter Japanから山崎さん(テツさん)にもお越しいただいて、一緒に登って山ごはん。
みなさん、遠慮なく「それ、ちょっとください!」を連発しよう!(そういうイベントなので!)(2回目)
 
 

登りは全員で歩き、下りは2グループに分かれます


・登り:歩き
武蔵五日市(東京裏山ベース)〜金比羅尾根〜日の出山
(ゆっくり片道約4時間10km、累積標高差約1300m)
 
・山ごはん後の下りは2班に分かれます。
1)歩き:つるつる温泉へ(1.5時間)
※温泉からは路線バス利用で武蔵五日市駅まで戻れます
2)トレイルラン:金比羅尾根を走り下って武蔵五日市駅(東京裏山ベース)へ(1.5時間)
それぞれスタッフがつきます。
 
つまり、オール歩きもOK、登りは歩き、下りは走る!もOKです。
(定員は行き帰りとも歩き=10名、行きは歩き、下りは走る=10名をベースに調整します)
 

タイムスケジュール

 
9時 東京裏山ベース集合
受付 講師・スタッフ紹介
参加者自己紹介(お名前、どこから、「山メシと私」、今日はどんなものを作る?)
トレイルバターについて、泉谷さんから説明 (特徴、摂り方など、補足があれば山崎さんから)
9:30 東京裏山ベース出発
金比羅山への裏道案内(ジンケン) 駅裏からの裏道入山ルート、金比羅山の巻道〜展望台、神社裏の天狗岩。
10:30〜金比羅尾根トレッキング(分岐の解説などしながら)
13:30 日の出山到着 各自山ごはんづくり・撮影・山ごはんシェア
トレイルバターシェフの実演と試食
15:00下山開始
グループ1: 日の出山を訪れるハイカーに人気の下山ルート、つるつる温泉へ
グループ2:ハセツネのラストの金比羅尾根ダウンヒルトレランでハセツネのラストを体験、五日市会館を経て直接裏山ベースへ
→裏山ベースに戻り次第、各自お疲れ様の乾杯
 

裏山ベースのワンドリンクチケット付き!


▶︎裏山ベースのワンドリンクチケット付き、生ビールもオッケーなので、フィニッシュ後、お疲れさまの一杯はぜひ裏山ベースでどうぞ。(そのまま打ち上げもできちゃいます)

【参加お申し込み】

裏山ごはんシェアリング!
日の出山編 

※最少催行人数10名 / 定員20名です。
お友達お誘い合わせてどうぞ)
 
小雨決行、荒天中止。ただし、雨の場合にはルートを変更し、雨ならではの風景が楽しめる低山ハイクの後、秋川渓谷の景観が美しいスポットに移動し橋の下などの雨よけ出来る代替場所で開催します(各自雨具のご用意をお願いします。)
 
※お申し込み後のキャンセルについて:お客様都合でのキャンセルの場合、2週間前までは30%、2週間前〜3日前までは半額、2日前〜当日は全額のキャンセル料がかかります。
(詳しくはこちら
 
※↓購入数量=参加人数と読み替えて入力し「参加申し込みする」をクリックしてください。


参加費: 3,500円/人
保険代、裏山ベースのワンドリンクチケットが含まれます。
 
(1)登り=歩き、下り=歩き(つるつる温泉に下る)
※温泉入浴料850円と温泉からの帰りの路線バス交通費400円は別途必要です。
 
(2)登り=歩き、下り=トレイルラン(金比羅尾根を走って裏山ベース直行)
 

▶︎必須装備:日帰り登山の装備
(雨具・行動食・ライトは必須です)
・温泉に下る人は温泉セットとバス代も
・山頂でシェアできる山メシ材料
・調理器具
・食器・水など(ゴミは全て持ち帰ります)
(メニューのコツ:煮汁を捨てる必要があるようなメニューは避けましょう)
・楽しむ気持ち(忘れたら取りに帰ってもらいます)
 
▶︎参加資格:
・自分のことを自分で責任の取れる方
・6時間程度山中で行動できる基礎体力と1000m以下の日帰り登山程度の山行経験があり、基本的な装備をご自身で用意できる方
・他の参加者と楽しく交流できる方
 
参考:
・つるつる温泉からの帰りのバス時刻表http://www.gws.ne.jp/home/onsen/assets/05bus.pdf
17:40と18:30に機関車バスで武蔵五日市駅行きあり、ただし混みます。
・つるつる温泉URL
http://www.gws.ne.jp/home/onsen/index.html
・山ごはんづくりについて・・・たとえばAmazonには「山ごはん」関係のレシピ本がいっぱい並んでいます→こちらをチェック