2017/04/08(土) 裏山ベース音楽祭

4/8(土)は裏山ベースで「裏山ベース音楽祭」!
入場無料(ライブチャージなし)、カフェで通常通り何かオーダーしていただくだけでどなたでもご覧いただけます!
エッブリバディウェルカム!

13:00〜 nao & escells


ネイティブ・アメリカン・フルートとギターのアンサンブル・ユニット " nao & escells " 。
古き良き日本の曲から、ケルト、ボサノヴァ、などより幅広い音楽ジャンルを演奏するDUOユニット。
時に「ゴンジジババ」というユニットに豹変し、それぞれのソロ活動の中から選りすぐった楽曲をギターDUOのアンサンブルとしてアレンジした演奏をしたりもする、幅広い世代に支持されている高齢者ユニットです。

14:00〜 モモ


尺八、ギター、ボーカルによる新たな音空間。
様々なバンドや作曲活動を経て追及したオリジナルの世界が広がる。
演奏マシンを駆使して1人で多重演奏を行う。

15:00〜 幸廻堂(あきちゃん)


沖縄の三線(サンシン)の弾き語り。
「沖縄民謡やなじみのポップスなどをのんびりと歌います。
普段は青梅市二俣尾で幸廻堂というデイサービス+地域交流スペースの店長をしています。みんなが立ち寄って元気になる場所がたくさんあるといいな…。裏山ベースさんにはそんな想いで伺います。よろしくおねがいします(^o^)」
 

16:00〜 matzo

ヴォーカリスト・作曲家。
アコーディオン弾き語りと言う稀有なスタイルで、 東京都内を中心に活動中。
2012年、 2014年には世界的アコーディオン奏者coba主催の蛇腹音楽 の祭典「bellows lovers night」に出演し、大いに注目を浴びる。
また、 2012年ローランド社主催「 インターナショナルVアコーディオンコンテスト日本予選ファイナ ル」に出場、審査員特別賞を受賞。
2014年より拠点を福生市に移し、子育ての傍ら、 人びとが行き交う公共スペースでの演奏活動に重点を置いています
●ブログ
http://blog.livedoor.jp/hyest/

17:00〜 裏山バンド

 裏山バンド1960は、2016年の秋に中学校時代の仲間が再開したことをきっかけに誕生したバンドです。知らないうちに高水くんがギター狂いしており、それに引きずられるかたちで結成しました。バンドといえば中心が音楽になりますが、我々の中心がこれから何になるのかはわかりません。いわばバンドという名のピクニックのようなことです。ギターは35年以上のブランクがありますが、続けていればきっとそれなりになるのでノープロブレムです。五日市と裏山が象徴するかけがえのない環境、それにまつわるエピソードを歌にしています。音楽は人をつなげます。みなさんもぜひ楽器を手にしてみてください。

18:00〜 一夜限りの映画館 ショートムービー「檜原村に映画館をつくる」上映&トーク


監督:岡田大悟
東京都目黒区出身。
日本大学芸術学部映画学科を今年卒業。
卒業制作で檜原村の空き家を使った上映会を企画。
卒業後は映画関係の会社で働きながら卒業制作でできなかった檜原村に根付くような映画上映空間を作ることを目標に活動予定!
 

19:00〜 菅原洋平(リバージプシー)

川から川へ。そこには情熱的で不器用な人たちのドラマがあった。
哀愁とノスタルジア。リバージプシーでよーへいな音。
 
北海道出身・35歳
18歳からギターを始めました。

リバーガイドとして北海道でキャリアをスタートして、
そこからカナダ、南米、オーストラリアへそして日本各地、川から川へ移動して生きてきました。
そんな旅の中であった人との出会いと別れなどが自分の音楽のもとになっています。

 

集合場所(JR武蔵五日市駅前交差点 東京裏山ベース)

車でお越しの方へ

JR武蔵五日市駅に向かって右側すぐに120台収容のコインパーキング(Times)があり、1日最大600円で駐車可能ですのでご利用下さい。もしくは、駅前交差点の南側にも台数は7台と少ないですが三井のリパーク(一日最大500円)もあります。

 

 

電車でお越しの方へ

JR武蔵五日市駅の改札(ひとつです)を出て階段をロータリーに下りて正面、横断歩道を渡ったところが集合場所「東京裏山ベース」です。


外観や入り口の様子